2015年7月31日 by admin

地元で日本で世界で?有名人の有名度合いを考える

地元の有名人というステータス

有名人になりたいと漠然と思っている人は多いかも知れませんが、それぞれが持っている有名人のイメージを違っているでしょう。有名人といってもどの程度有名なのかによって印象がずいぶん違います。例えば、地元の有名人という言い方をする場合もありますが、この場合は完全にローカルで交換が持てる人物であるイメージがすのではないでしょうか。お店の名物店主、元気なおまわりさんのような有名人です。人とのつながりが重視されるレベルが地元レベルの有名人の特徴かもしれません。

日本の有名人の特徴はテレビに出ていること

地元、地方のレベルから一段上がって日本の有名人というクラスになると、実際のその人と直接接点を持っている人の比率はぐっと下がるはずです。しかし、地方レベルの有名度合いとはけた違いの認知度を持っている有名人も登場してくるのが特徴でしょう。理由は、マスメディアの影響です。特にテレビにたくさん出演している人は、多くの人の目に触れることになりますので、自然と有名人になるでしょう。必ずしもいい評判だけでなく悪い評判でも有名人になるのが国レベルの有名人の特徴かもしれません。

世界レベルや歴史レベルでの有名人とは?

日本の有名人のレベルを超える有名人は、判定軸が二つ登場します。一つは、3次元空間の広がりを考えた世界レベルの有名人、もう一つが時間軸の広がりを考えた歴史上の有名人です。世界レベルの有名人の特徴は、実は日本レベルの有名人とあまり変わりません。マスメディアやインターネットの登場により、世界中の国の様子がわかるようになったため世界レベルの有名人は出やすい状況になっています。その点、歴史上の有名人は、語り継がれてきた偉業や長い時間の評価に耐えたという意味で偉大かもしれません。

山本英俊氏はパチンコ卸のフェィールズの創始者で現在代表取締役会長、事業の方ではなく馬主としての活躍が有名です。